ありがとうナイト プログラム発表! 「竹炭の花器に多肉植物を活ける」ワークショップと花炭作品展示

LINEで送る
Pocket

前年に使ったランタンをなにかに使えないかな、という思いつきが発端となり、昨年初めての試みとなりました「竹ランタンを炭化するプロジェクト」。
そこから派生した「竹炭を花器に見立てて多肉植物を活けるワークショップ」、好評をいただきまして、今年もあります!

 


写真は昨年の様子です

今回は、竹炭花器は予め作られておりますので、多肉植物と一緒にお好きな形のものをお選びいただきます。お気に入りのひとつを見つけて、あなただけのオリジナル作品づくりにチャレンジしてくださいね。
作業の合間に、花器とは別に竹炭作りを見ながら炭についてのお話もしていただきます。

【費用】竹炭花器500円〜、多肉植物300円〜の組み合わせにより変わります。

【講師】吉澤健介さん( FlowerShop wnico フローリスト)、山本久志さん・野田隆さん(特定非営利活動法人都会で炭焼きプロジェクト)

【場所】本妙院駐車場

【時間】14時〜材料がなくなり次第終了
随時受け付け・製作いたします。予約制ではありませんので、会場でお声をおかけください。また、数に限りがあることを予めご了承ください。
なお、当日会場にて現金でのお支払いとなりますので、お釣りのないにようご協力いただけると助かります。

関連イベント

寺内では花炭作家・山本久志さんの花炭作品展示と「NPO法人 都会で炭焼きプロジェクト」のご紹介をいたします。

花炭とは植物や木の実の形をそのまま保ちながら炭化させたもの。繊細でとても美しく、印象的な作品をぜひご覧ください。

NPO法人 都会で炭焼きプロジェクト
公園管理や家庭の庭木の手入れで生じた剪定枝を「ゴミ」ではなく「大切な資源」として活用するため、煙の少ない炭製造装置を開発し炭化させ、壌改良材として土に戻す活動を行う。
また、炭には乾燥や脱臭などの効果があるといわれ、日常の暮らしのなかで炭を活かすヒントを伝える活動も行っている。
キャンドルナイトin本妙院とは2018年より、使用した竹ランタンを竹炭化するプロジェクトにご協力いただいています。
web:http://genki365.net/gnko05/mypage/index.php?gid=G0000587

FlowerShop wnic
旬な花材を取り揃えて予算、イメージ、用途に合わせたアレンジメントやリース作りを行う。また、小さいお子様向けのレッスンや、イベントも随時主宰している池上のフラワーショップ。
ワークショップとともに、空間デザイン・店舗内装・ リフォームなどを手がける「株式会社トミ企画」代表 富澤一信とともにチームsenとして総門装飾も担当。
web:wnico.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です